金融庁「老後の資金は自分で確保すべし」

老後の生活費で最低2000万円の貯金!?
金融庁が老後の不足金額を例に挙げて資産運用が必要という報告書をまとめた

寿命が延びた分、今までよりお金がかかるとして金融庁が警鐘を鳴らした。

報告書によると、夫が65歳以上、妻が60歳以上の世帯の場合、退職後に公的年金などだけでは毎月約5万円の赤字となり、これが30年続くと2000万円不足すると指摘している。

さて、今まさに老後に向け、具体的にどのように資産確保をしていくべきなのか。その一歩である情報収集からはじめていきませんか?

報ステ
「年金に限界」貯蓄2,000万円を

教えて!不動産投資&資産形成
が選ばれる3つの理由

ファイナンシャルプランナー(FP)とは

人生の夢や目標をかなえるために総合的な資金計画を立て、経済的な側面から実現に導く方法を「ファイナンシャル・プランニング」といいます。ファイナンシャル・プランニングには、家計にかかわる金融、税制、不動産、住宅ローン、保険、教育資金、年金制度など幅広い知識が必要になります。これらの知識を備え、相談者の夢や目標がかなうように一緒に考え、サポートする専門家が、FP(ファイナンシャル・プランナー)です。

お申込みから面談までの流れ

Step
1
お申し込み
まずはこちらのページのお問い合わせフォームよりエントリーして下さいませ。かんたん60秒で申し込み完了します。
Step
2
あなたにぴったりの優良会社をご紹介
「教えて!不動産投資&資産形成」のスタッフ(現役不動産投資家兼ファイナンシャルプランナー)よりあなたにぴったしの会社をご紹介いたします。
Step
3
ご日程調整&面談
面談日(訪問日)が確定しましたら是非お会いしてみてください。3社面談し、面談先企業からの面談完了報告後にAmazonギフト券10,000円をプレゼントします。
Step
2
あなたにぴったりの優良会社をご紹介
「教えて!不動産投資&資産形成」のスタッフ(現役不動産投資家兼ファイナンシャルプランナー)よりあなたにぴったしの会社をご紹介いたします。
<無料> たった1分!カンタン入力
お申込み対象者はご年齢25〜45歳未満の年収500万円以上の方限定となっております。上場企業お勤めの方でしたら400万円以上となります。

生きていく上で必要な
11の資金はご存知ですか?
ファイナンシャルプランナーより

遺族の生活資金
残された遺族が生活していくために必要な資金
生活立て直し資金
満地の場合に新たな生活水準および生活環境へ移行するための資金
緊急予備資金
日々暮らしの中で突発的に発生する資金
教育資金
子供の成長に伴って発生する教育資金
住宅購入資金
マイホーム実現のための購入資金
老後の生活費
第二の人生をおくるために必要な生活資金・レジャー資金
緊急予備資金
日々暮らしの中で突発的に発生する資金
死後の整理資金
万が一の場合に直ちに精算をしなければならない資金
相続対策資金
財産を円滑に残すための遺産分割・納税資金
長期療養資金
病気や障害を原因とする長期にわたる収入現象・停止状態での療養費用や生活資金
子供の結婚資金
子供の結婚に関する費用の親負担分
家賃・ローン
家族が賃貸住宅で過ごす場合に発生する家賃・管理費・駐車場代
長期療養資金
病気や障害を原因とする長期にわたる収入現象・停止状態での療養費用や生活資金
<無料> たった1分!カンタン入力
お申込み対象者はご年齢25〜45歳未満の年収500万円以上の方限定となっております。上場企業お勤めの方でしたら400万円以上となります。

日本の命運を決する「2025年問題」
をご存知ですか?

2025年に社会保障費は約149兆円へ、現役世代の負担重く
参照:内閣府「労働生産性の国際比較」


 平成30年版の「高齢社会白書」によると、日本の総人口は2017年10月1日時点で1億2,671万人。

 高齢化は年々加速しており、65歳以上人口は3,515万人、総人口に占める高齢者の割合(高齢化率)は27.7%に達した。

 問題となっている2025年には、人口のボリュームゾーンである団塊の世代が全員75歳以上の後期高齢者となり、高齢化問題がいよいよ抜き差しならない状況になる。

 まず、懸念されるのは医療の問題だ。身体機能の衰えに伴い、高齢者は医療や介護サービスに頼るようになり、公的医療保険や介護保険の利用も増える。こうした流れを受けて、社会保障全体の費用が膨らむ見通しだ。2025年の年金や子育て向けの支出も含めた社会保障費全体は、2015年と比較して20%増の148兆9,000億円に上ると推計されている。

 少子高齢化で福祉の担い手となる現役世代が減少する中で、高齢者は増加する。現役世代への社会保障負担はますます重くなるだろう。

「一家共倒れ」の懸念も

 さらに、不安をかき立てるのは、団塊世代の親を支えるべき子供たちの世代の不安定さだ。団塊世代の子供たちは、人口のボリュームゾーンながら、いわゆる「ロスジェネ」といわれる就職氷河期世代にあたる。

 バブル崩壊後の失われた30年の中で、能力にかかわらず正規の仕事が見つからず、働き盛りの時代に非正規の仕事を転々としながら糊口をしのいできたという人も多い。

仕事の不安定さから結婚せず、独身を通す人もいる。ロスジェネ世代もすでに40代半ば。2025年には彼らも50代にさしかかり、自らの老いや病と立ち向かわねばならなくなる。不安定な職業で日々の暮らしに追われる彼らに両親の介護や病、加えて自身の老いや病といった困難が降りかかってきた場合、一家共倒れになるケースも出てくるだろう。

経済的自立ができずに実家で両親と暮らし、一家の生計を両親の年金に頼っている場合はさらに深刻だ。両親が他界すれば、年金に頼ることはできなくなる。うまく生活保護などの福祉の手がさしのべられれば良いが、社会保障負担が増大する中で、公的支援もだんだんと厳しさを増すだろう。こうした層が生活の困窮から自暴自棄に陥り、社会の治安が悪化する懸念は多いにある。

この6年で日本の命運が決まる

日本では諸外国に例を見ないスピードで高齢化が加速している。アジアでは、中国やシンガポール、タイのように高齢化社会の到来が懸念されている国もあるが、有効な対策を打たないまま超高齢化社会を迎える日本は、彼らにとって反面教師だ。2019年から2025年まで、あとたった6年。この6年間で日本の命運が決まるといっても過言ではないかもしれない。
<無料> たった1分!カンタン入力
お申込み対象者はご年齢25〜45歳未満の年収500万円以上の方限定となっております。上場企業お勤めの方でしたら400万円以上となります。

これからの時代、資産運用が必要な理由

入ってくるお金は減少傾向です

給与や年金支給額、退職金などを10年前と比較してみると、減少傾向にあることをご存知でしょうか。
 

給与水準は上がっていません

年金支給額・退職金は減少傾向に

国民年金の平均年金月額は、平成16年度末では53,000円でしたが、平成26年度末では54,000円と微増しています。一方で、厚生年金の平均年金月額は、平成16年度末では168,000円でしたが、平成26年度末では148,000円と減少しています。
出典:厚生労働省「平成28年度厚生年金保険・国民年金事業の概況」

退職金の受け取り額

退職金の受け取り額は、大学卒・高校卒ともに10年前と比べると大幅に減少傾向にあります。
<無料> たった1分!カンタン入力
お申込み対象者はご年齢25〜45歳未満の年収500万円以上の方限定となっております。上場企業お勤めの方でしたら400万円以上となります。

不動産投資のメリット・デメリット

メリット

デメリット、その解決策

お問合せ窓口

教えて!不動産投資&資産形成に関するご不明な点、ご要望等はお気軽にお問合せください。また、副業で稼ぎたい方は下記フォームより「副業希望」と記載の上、送信下さい。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信
◼︎個人情報の取扱いについて

本フォームに記載いただいた個人情報について、不動産・ライフプランニングまたは各種サービスのご案内・提供を行うために利用する場合があります。また利用目的の範囲内においてグループ企業や提携企業に提供し、が違う企業が取り扱う不動産・ライフプランニング等のご案内、お奨めをさせていただく場合があります。お客さまからの個人情報の取扱についてご質問などございましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。